fujira920

ボトルキャップ・コレクション - Since 1990 -

ボトルキャップ・コレクション

詳細検索

コレクションの定義 -  フタの特徴記述 -  何故フタを集めているのか

ボトルキャップギャラリー(キャップ画像をクリックするとギャラリーページに飛びます)
赤穂化成 アサヒ ロゴ系 アサヒ 三ツ矢系 アサヒ その他 味の素(AGF) 伊藤園 エスエス製薬 大塚 お茶系 大塚 その他 オートマックセールス 奥長良川名水 ア行少数派 カゴメ カネボウ カルピス ロゴ系 カルピス その他 キッコーマン キリン ロゴ系 キリン その他 興和 コープ コカ・コーラ コーラ系 コカ・コーラ 標準系 コカ・コーラ ファンタ系 コカ・コーラ お茶系 コカ・コーラ クー系 コカ・コーラ アクエリアス系 コカ・コーラ スプライト系 コカ・コーラ ジョージア系 コカ・コーラ その他 カ行少数派 サッポロ 薩摩酒造 佐藤製薬 サンガリア サントリー ロゴ系 サントリー お茶系 サントリー その他 サンリオ 資生堂 JR JT ロゴ系 JT その他 サ行少数派 第一三共 大正製薬 大鵬薬品 ダイドー ロゴ系 ダイドー 葉の茶系 ダイドー 復刻堂系 ダイドー その他 宝酒造 武田 チェリオ 中外製薬 DHC 常盤薬品 トップバリュ ドトール 富永食品 タ行少数派 ナカザワ ニチレイ 日本果実工業 ネスレ 農協 ハウス 博水社 八社会 バヤリース ファミリーマート ファンケル 富士ミネラルウォーター 不二家 ブルボン ペプシコ ポッカ ハ行少数派 南日本酪農協同 明治製菓 明治乳業 マ行少数派 ヤクルト ユーシーシー上島珈琲 ライオン リプトン ローソン ロート ロッテ わした その他のブランド 水系 その他のブランド 酒系 その他のブランド ドリンク系 その他のブランド その他飲料 海外
コレクションの定義

基本的に「飲料のスクリューキャップ」を集めています。

その他、以下のような思想・流儀を持っています。。 まあ結構適当です。

フタの特徴記述
当サイトでは、フタの形状の特徴を表記するときに以下の用語を使う場合があります。
他のコレクターの方が考えた呼び方や、自分で勝手に考えた呼び方が混在しております。
1: フタのサイズ

当サイトではフタのサイズを 2 段階に区分し、各区分に以下の呼称を用います。


ノーマル

広口

2: 角の形状

当サイトではプラキャップの角張り具合を 4 種類に区分し、各区分に以下の呼称を用います。ボーダーラインはかなり適当です(笑)


角角

角丸

やや角丸

3: ギザの粗さ

当サイトではプラキャップのギザの粗さを 4 種類に区分し、各区分に以下の呼称を用います。これもボーダーラインは適当です(汗)


ノーマルギザ

粗ギザ

特殊ギザ

4: 裏側の特徴

当サイトではプラキャップの裏側の特徴を 5 種類に区分し、各区分に以下の呼称を用います。


ノーマル裏

シール裏

米裏

グラ裏

特殊裏

5: フタの中央の特徴

プラキャップの中には中央にくぼみのある物が存在し、当サイトでは中央のくぼみを「へそ」と呼びます。
へそには大きい物と小さい物があり、大きい方は単に「へそ」、小さい方は「小さいへそ」と呼びます。
また、中央にストローを挿せるフタも存在し、当サイトでは「ストロー穴有り」と呼びます。


へそ有り

小さいへそ有り

ストロー穴有り

6: その他の特徴

オレンジキャップ: 加温器が出来る容器のオレンジ色のフタを、当サイトでは「オレンジキャップ」と呼びます。
イエローキャップ: 自販機で加温販売が出来る容器の黄色のフタを、当サイトでは「イエローキャップ」と呼びます。
冷凍キャップ: 冷凍販売が出来る容器のフタを、当サイトでは「冷凍キャップ」と呼びます。


オレンジキャップ

イエローキャップ

冷凍キャップ

何故フタを集めているのか
〜きっかけ〜

収集を開始したのは1990年のことです。当時私は小学生でした。
その頃私の小学校では「キャップ勝負」という遊びが大流行しておりました。
牛乳キャップを使った、メンコのような遊びです。
ただのゲームではなく、コレクションとしての側面もありました。
珍しい牛乳キャップを持っている人は、羨望の的でした。
私も牛乳キャップを集めていたのですが、
周囲の強者コレクターに圧倒されるばかりでした。
そこで「誰も集めていないような物をコレクションしよう!」と思い立ちました。
ある日、飲み終わった 1.5L の「フルーツ村」のアルミキャップを見て、
「ちょっと集めてみるか」と思い、それ以降アルミキャップを集めるようになりました。

〜ボードゲームの駒から宝物へ〜

確かに、アルミキャップを集めている人は周囲におりませんでした。
友人に話しても全く興味を持ってもらえず、何となく惰性で集めていました。
管理しやすいように表面に数字を刻むなどして、
かなり乱暴に扱っておりました。
当時、自分でボードゲームを作って遊ぶのにハマっており、
アルミキャップを駒として使っておりました。
そんな中、気付いたらダブりも含め 100 個ぐらいになっていました。
これは予想以上に面白い。同じ大きさ、同じ形でもデザインは様々。
見るだけで飲み物の思い出、買ったときの思い出が蘇る。
その頃から、
今はゴミでも、時間が経てばいつか必ず価値が出る!
と思うようになり、徐々にキャップを大切に扱うようになりました。
しかし、熱心にキャップを探し回ることは無く、
捨てないでとっておくだけでした。

〜暗黒時代〜

その後、90 年代中頃から PET ボトルのキャップがアルミからプラスティックに切り替わり始めました
私にとっては暗黒の時代でした。
色鮮やかなアルミキャップを集めていた私にとって、
プラキャップは「地味でつまらんフタ」でした。
登場から数年間は、プラキャップをゴミとして捨てていました(涙)。
しかし「プラが主流になるなら仕方ない」と思い、捨てなくなりました。
熱心にキャップを探し回ることは無く、
捨てないでとっておくだけでした。

〜他にも集めている人がいた!〜

2002 年、自分自身の勉強も兼ねてサイトを設立しました。
初めて自分のコレクションをネットで公開しました。
しかし、数ヶ月間はサイトを設立したことに満足し、完全に放置していました。
2002 年〜 2003 年の冬、何となく「他にキャップを集めている人いないかな」と思い
「ペットボトル ふた コレクション」などネットで検索してみました。
そこで、他のコレクターさんのサイトに出会いました。
自分の中でキャップの価値が確かなものになりました。
他のコレクターさんとの交流が始まって以降、熱心にキャップを集めるようになりました。


(2004.2.9〜)
Today   Yesterday

Copyright ©2002-2017 fujira920 All rights reserved. fujira920 Since 2002.9.10.